口腔外科について

口腔外科治療について

親知らずの抜歯、のう胞(骨の中や舌、口唇にできる袋)、口内炎、舌痛症、口腔カンジダ症、味覚障害、
顎関節症、白板症、扁平苔癬など、高次医療機関と協力し治療にあたります。

有病者・高齢者・障害者の歯科治療

虚血性心疾患、先天性心疾患、糖尿病、薬剤アレルギー、脳血管疾患、意思疎通が困難な障害者
(情緒障害・精神発達遅滞・脳性麻痺)など、必要に応じて専門医師と連携をとりながら治療にあたります。

症例

「顎関節症」って?

顎が「カクカク」、「ジャリジャリ」、「筋肉痛?」と思う症状はありませんか?

顎関節や周囲の筋肉に痛みが出たり、音が鳴ったりするなどの症状が現れる病気です。
原因は噛みぐせ、ストレス、かみ合わせのバランスの悪さなど、様々です。

理学療法やマウスピース治療などを組み合わせて行います。お気軽にご相談ください。

口腔カンジダ症

白いカンジダと紅いカンジダの混在性

[所見]

口の中がヒリヒリする、口の中が白い(偽膜性カンジダ症)、口の中が赤い(紅斑性、委縮性カンジダ症)、などの所見があります。

[原因]

口の乾き、口腔内の清掃状態不良、入れ歯(カンジダの温床)、栄養不良

[症状]

舌の痛み、口腔全体の痛み、味覚障害(口になにもないのに苦い)を引き起こします。

[治療]

抗真菌薬の投与、口腔保湿、入れ歯の洗浄、栄養状態の改善を行います。

口腔乾燥症

口腔乾燥症で飲水が欠かせられなくなることも・・・

口腔乾燥症は、様々な原因によって唾液の分泌量が低下し口が乾く症状です。

「乾く、渇く」「ネバネバ」、「ベタベタ」のような口腔乾燥症状を訴えることが多いです。また、シェーグレン症候群との鑑別で高次医療機関と連携することがあります。

口腔乾燥、ドライマウス専門の歯科医師による診察を行わせて頂きます。
お気軽にご相談ください。

口内炎

「しみる」、「痛い」などの症状が多い口内炎。過度のストレスや、栄養不足、ビタミン不足、微量金属元素不足(銅、鉄、亜鉛)、不適合な歯の被せもの、歯の鋭縁が原因としてあげられます。繰り返す口内炎は、口腔癌に移行するケースもあります。また、隠れた全身的な病気を併発している場合もありますので、精査をお勧めしております。

お気軽にご相談ください。

親知らず(智歯)の抜歯

「奥歯が痛い、もしかして親知らず?」と不安になることがあると思います。
まずは、自身の親知らずの存在を確認する必要があります。なぜなら、さまざまなタイプの親知らずがあるからです。そのため、レントゲン写真に加えて、CTを撮らせていただき歯の形態や埋伏状態(骨との関係)、骨そのものの状態(骨髄炎)の評価を行っております。

親知らずがあると、腫れ/痛み(感染)、かみ合わせの異常、歯並びの不整を引き起こします。
また年齢を重ねると、骨と癒着し、抜歯事態も次第に難しくなっていきます。

つまり抜歯する、経過観察のいずれの場合も適切な評価が必要です。

まさき歯科では、抜歯方法は局所麻酔下で行いますが、鎮静法や全身麻酔などが必要な場合は高次医療機関と連携し行います。

お気軽に相談ください。

舌痛症

健康な舌なのに痛み

舌に口内炎などの異常は認めないのに、舌が痛む症状です。「ピリピリ」、「ヒリヒリ」、「ジリジリ」などの症状が主です。
欧米では、Burning mouth syndrome(口腔灼熱症候群)とも言われ、原因はハッキリとは解明されていませんが、神経シグナルが興奮状態という報告もあります。
以前は精神疾患との関わりが、大きいとされていましたが、精神疾患が関わるものは全体の2割り程度とされています。

視診以外にも、血液検査(高次医療機関)、細菌培養検査(高次医療機関)、画像検査などを行い確定診断を行います。

治療方法は、認知行動療法、薬物療法などを行います。

今まで、「気のせい」、「メンタル問題」などと言われ、医療機関を点々とした「さまよえる患者さん」に適切な診断および治療を紹介したい所存です。

味覚障害

高齢化、ストレス社会、核家族化、食生活変化で「味が薄い」、「口に何もないのに苦い」、「違う味に感じる」、「嫌な味がする」など味覚異常を訴える患者さんが年々、増加しています。
原因も様々で、亜鉛欠乏性、特発性、全身性、感冒後、ウイルス性、心因性など様々です。高次医療機関と連携して、適切な診断の元に薬物療法を主体に治療していきます。

自分だけの特異な症状と悩まずに、お気軽にご相談ください。

歯の移植、歯牙移植

歯の移植って?‥
と思う人がたくさんいると思います。

諸般の事情(重度の虫歯、歯が割れた、歯根の炎症)で、抜歯を選択せざる負えない場合に、あまり噛み合わせに役立っていない、親知らずなどを移植し、機能を回復させる方法です。

多くの場合は、国民皆保険が適応されます。
移植後は2週間から1か月の固定(安静期間)が必要で、その後に根管治療、補綴治療と複数のステップが必要です。

治療期間、通院回数は多いですが、何よりも自分の歯を移植できるとういう生体親和性は高いと思われます。
移植の成功率は一般的に90%以上です。

お気軽にご相談ください。

唾石

唾石って?と思う方もたくさんいらっしゃると思います。胆石や尿管結石と一緒で、体の中にできる石ころです。

唾液をつくる工場 (唾液腺)の中や唾液を出すトンネル(導管)の中に石ができることによって生じる病気で、ほとんどは一番唾液腺で大きい顎下腺に生じます。 唾石の原因は導管の炎症や唾液の停滞、さらに唾液の性状の変化、カルシウムやリンの増加などです。

食事の痛みや顎が腫れたり、引いたりする場合は唾石症の可能性があります。
まずは、お気軽にご相談ください。