小児歯科・障害児歯科について

小児歯科・障害児歯科 概要

こどもの頃からのケアが大切です。 虫歯や歯周病のない健康なお口と体を育てます。

治療内容・特徴

  • う蝕治療

    MI法、エアーアブレージョン(ロンドフレックスによる治 療)、3MIX-MP法など

    • ■ダイアグノデント
      レーザー型う蝕診断器。
      初期虫歯の診断に使います。

    • ■ロンドフレックス
      虫歯を特殊な粉を吹き付けて取ってしまう機械です。
      (エアーブレージョン)

小児咬合育成、 矯正歯科

床矯正、T4K 他

■T4Kについて

MRC Trainer Systemは乱れた歯並びに軽い力が加わるように設計されています。
毎日の使用が前歯を揃え、顎の拡大をサポートします。
また、原因を治療する事で子供が本来持っている自然な成長を促します。
最適年齢は5歳から8歳です。

■MRC Trainerを使用した症例

  • 口腔機能発達指導、食育

    筋機能訓練:MFT等

  • 障害者歯科治療、摂食指導

    ■障がい児/者歯科治療

    発達障がい、ダウン症など先天性疾患や様々な病気をもったお子様の口腔発達相談および歯科治療を
    行なっています。
    必要に応じ病院歯科、口腔外科と連携して治療にあたります。
    最も大切のことは虫歯にしないことです。

    ■摂食機能訓練

    障がい児/者の食べる機能の発達を促す指導・訓練を行なっています。
    また、脳血管障害などの後遺症のある方の食事指導、訓練も行なっています。

  • 小児口腔外科治療

    埋伏過剰歯(余分な歯が骨の中に埋まっている)、埋伏歯(歯が埋まって生えてこない)などの
    外科的治療を行なっています。その後の矯正治療も行なっています。
    また、粘膜疾患、歯の数の異常などもご相談ください。